こづかい三万円の日々

30代の男がアニメ、映画、音楽などについて書いています。Twitter:@tegit

都筑道夫『猫の舌に釘をうて』

猫の舌に釘をうて (光文社文庫)

猫の舌に釘をうて (光文社文庫)

 Something Orangeでとりあげられていた*1のをみて、ネット通販で講談社文庫版を取り寄せたもの。
 正直にいうと、謎解きに関してはよくわからなかった。数年前に読んだからはっきりとは覚えていないのだが、腑に落ちた印象はあるし、それなりにケレン味もあったようにおもうのだが。なぜだろう。とにかく、きっとこれはとても不幸なことだとおもう。やれやれ。
 新宿の紀伊國屋書店前が屋台ふうの店舗のならぶ広場で――というような昭和36年当時の描写を読んでいくのは楽しかった。