読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こづかい三万円の日々

30代の男がアニメ、映画、音楽などについて書いています。Twitter:@tegit

たのしい旅行エッセイ 永六輔『一泊二食三千円』

 「消費するだけではいかん、土地の人に想いをはせねば」とか「歴史を知り現状を知り、多くを学ばねば」とか、ポリティカリーコレクトな 旅を目指しがちなぼくにとって、下記のような考え方はちょっとした衝撃でした。本の後半にある、テレビ番組出演時のコメントからの引用。

旅は新しい誤解と偏見のためにこそある。僕たちは旅をするとき、より深い理解のためにというようなことは期待しない方がよい……

 ええっ、それでいいんすか、と拍子抜けする。決して浅薄なことを言わない、含蓄の深いひとという永六輔のイメージからは遠い、少々いい加減な考え方だ。しかしこのコメントで始まる文章は、こんな言葉につづくのである。

ほかにももっともっといろいろなことがあるのに、ぼくはそこのちょっとした部分しか見てこられなかったんだということを確認することが、全体を理解する第一歩だと思うんです

 なるほどなあ。そりゃそうだよね。理解しようとしたって限界がある。それを認識しときつつ、自分のできるかぎりにその土地を楽しむ。次に旅に出るときには頭のはじにメモっておきたい方針である。