こづかい三万円の日々

30代の男がアニメ、映画、音楽などについて書いています。Twitter:@tegit

竹内康浩『東大入試至高の国語「第二問」』

東大入試 至高の国語「第二問」 (朝日選書)

東大入試 至高の国語「第二問」 (朝日選書)

 いっけん受験対策本にみえるけれど、これがまたなんとも奇妙な本なのである。
 詳しいところは、著者の同級生であるという阿部公彦氏の書評(http://booklog.kinokuniya.co.jp/abe/archives/2008/08/post_27.html)をぜひ一読いただきたい。
 入試問題という狭い入り口を通りながら、人の死や倫理などのテーマをあつかい、ひろく世界を眺めることのできる本。ぼくは大学受験をスルーした身なのでほんとうのところはわからないけれど、受験というごく小さな目的に向けて全身全霊を傾ける高校生という時期の、思考と迷いと解放というのはこういうものなのかもしれません。