こづかい三万円の日々

30代の男がアニメ、映画、音楽などについて書いています。Twitter:@tegit

一ヶ月でわかる『ラブライブ!サンシャイン!!』の魅力/(3)2.5次元が教えてくれる「ほんもの」の意味

 いよいよAqoursの5THライブが6月8日・9日に行われる。
 Aqoursはフィクション上のアイドルグループであり、現実のアイドルグループでもある。明日、メットライフドームで、また全世界のライブビューイング会場で観客は、スクリーンに映し出された二次元のキャラクターの前で歌い踊る三次元の声優たちを観ることになる。


 こうした二次元と三次元にまたがる演劇やライブが、2.5次元コンテンツと呼ばれ、多くの観客を集めるようになって久しい。

続きを読む

一ヶ月でわかる『ラブライブ!サンシャイン!!』の魅力/(2)Aqoursを聴くならここからどうぞ!の12曲

 アイドルソングというのは、これはもちろん様々な例外がありますけども、明るくて、多幸感があって、輝いているものです。アイドルの魅力をまっすぐに打ち出して、この世の中にはこんなに愛らしく美しくって価値のあるものがあるんだ、と思わせてくれる。
 それは刹那的にステージの上だけ、スピーカーやイヤホンの周辺だけに現れるフィクションです。歌が終わったあとは輝きは消えるし、ステージの外には荒涼とした世界が広がっている。
 アイドルソングがどんな力を持ちうるかは、歌の外の世界とのせめぎあいをどう切り抜けるか、にかかっているように私は思います。
 明るさ・甘さ・幸福感といった部分を思いっきり濃密なものにして、歌に耽溺させること。音楽的な技術や新奇さを重視し、アイドルソングの外側の価値観という強固な足がかりを作ること*1。戦い方は様々にあるのですが、Aqoursの楽曲の持つ強さの源泉の一つが、すべての曲の作詞を手がける畑亜貴という存在です。

*1:ただしこの方法は、アイドルソングからアイドルらしさを奪うことにも繋がります……とも言えるのでしょうが、では、アイドルらしさとはなにか。アイドルらしくなくなる、とはどういうことなのか? これはこれで大きな問題ですが、ここでは、少なくとも「アイドルソングの枠を超えた名曲」なんて大雑把で、何かを貶めることで何かを褒めるような言い方は嫌いだ、と言うに留めておきます。

続きを読む

一ヶ月でわかる『ラブライブ!サンシャイン!!』の魅力/(1)なぜ『ラブライブ!サンシャイン!!』なのか?

 いまでこそ私は『ラブライブ!サンシャイン!!』(以下『サ!』と略)とAqoursが大好きだけれども、振り返ってみると、自分がこの作品・グループをここまで好きになれたのは、幸運にもその魅力を早々に理解できたからだと思います。『サ!』が始まった数年前のあのころ、もう少し忙しくてコンテンツの動向を追いかけられないでいたら。Aqoursの最初のイベントに参加できないでいたら。もしかしたら、自分が『サ!』にはまらずに生きていった可能性もなくはないでしょう。


 来月、Aqoursは5thライブを行います。全国の映画館でライブビューイングが行われます。どんなライブになるかわからないけれども、今までAqoursを観たことのなかった人が観に行って、彼女たちを好きになるきっかけになったらなあ、と夢想します。
 私は、一人でも多くの人に『ラブライブ!サンシャイン!!』の魅力を知ってほしい。Aqoursのライブに足を運んでほしい。
 そのために、今日から何回かに渡って、そもそも『ラブライブ!サンシャイン!!』とAqoursはなぜこれほど魅力的なのか、なにが魅力なのか、を改めて語っておきたいと思います。
 もしかしたら、『サ!』を好きにならないままでいたかもしれない自分のことを想像しながら。

 

続きを読む

0分でわかる、今日あなたがAqoursを観に行くべき理由

 こんばんは。そろそろゴールデンウィークも間近というところですが、いかがお過ごしですか。もうすっかり暖かくなって、すっかり春ですね。
 春は別れと出会いの季節。いろいろな物語が終わり、そして始まる季節です。お忙しい時期だとは思うんですが、ちょっとお時間いただけますか。
 あ、秋も聞いたって? いやー、そうですね、そういえば去年の11月にも同じような記事を書いていたのでした。

続きを読む