こづかい三万円の日々

30代の男がアニメ、映画、音楽などについて書いています。Twitter:@tegit

「JAなんすんのポスターのこと」のそのあとのこと

「「『ラブライブ!』シリーズのコラボレーション広告での慎重な表現を求めます」

 2020年2月、静岡県沼津市・JAなんすんの特産品・寿太郎みかんをPRするイメージキャラクターとして、『ラブライブ!サンシャイン!!』の登場人物である「高海千歌」が「みかん大使」に任命されました。このキャンペーンの一環で、高海千歌を描いた画像がポスターとして市内の小売店店頭などで公開されたところ、過度に女性の身体を強調した表現であるとして多くの批判を集め、大きく寿太郎みかんを扱っていたららぽーと沼津からはポスターが撤収されることとなりました。

続きを読む

JAなんすんのポスターのこと

・はじめに
 以下は、今日の昼間に書いて、そのあといったんは発表するのをやめようと思っていた文章です。
 いろいろ迷ったのですが、あまりに今回のポスターを擁護し、批判を無視ないし曲解する声が多いように思えたため、バランスを取りたくてアップします。
 「ポスターにはなんの問題もなく、反応するのもばかばかしい」という人には変わってほしいけれど、すごく難しかろうし、自分の言葉にはそれだけの力はないだろうと思います。
 しかしそれでも、そういう人たちに、「こういった点を確認してもなおそう言えるだろうか?」という疑問を呈する、という感じで書いています。
 彼らを変えることはできなくても、擁護する人たちをみて「ポスターに疑問をもつ自分は考えすぎなのだろうか?」「自分の好きな作品・キャラクターなのに、こんなことを考えたくない」と考えている人たちのアシストになれれば嬉しいです。わたしはあなたの抱く疑問や不快感は否定されていいものじゃない、と言いたい。そしてその気持ちは、『ラブライブサンシャイン!!』という作品や高海千歌というキャラクター、伊波杏樹という声優、作品の作り手たちへの愛情を損なうものではないとわたしは思います。

続きを読む

ラブライブログアワード2019のこと

 今年もこの季節がやってまいりました。グラミー賞アカデミー賞、そしてラブライブログアワード、とこの3つの賞が(ここ二年のおれにとっては)世界三大アワードなんですが、正直なところ、ラブライブログアワードはあくまで昨年の第一回開催だけで終わるかなと思っていました。

続きを読む

『ラブライブ!』とわたしの九年

 わたしは、九年前、『電撃G's magazine』のその記事を本屋の店頭で見たと記憶している。『ラブライブ!』の始まりを告げる、高坂穂乃果のイラストと企画コンセプトを載せた記事だ。
 八王子のいまはもうない漫画専門店まんが王で、妻と二人で新刊や雑誌をチェックしていた。会社帰りの夜だったと思う。明らかにAKB48の影響を受けたその企画を見てわたしは、いまさらAKBを模倣するなんて遅いだろう、選挙を中心とした競争を煽る雰囲気は二次元のオタク文化とも食い合わせが悪い、それに秋葉原は廃校の危機なんてノスタルジーの物語を展開するにはぎらぎらしすぎているーーそんなことを思って、雑誌を閉じて棚に戻した。企画は頓挫するに違いない。

続きを読む