こづかい三万円の日々

30代の男がアニメ、映画、音楽などについて書いています。Twitter:@tegit

2012-12-02から1日間の記事一覧

「パンくず」ひろい

傑作と言いましたが瑕疵はある。 ・諜報機関はそろそろNOCリストの保安体制を考えなおすべき。レイフ・ファインズじゃなくても言いたい、「そんな危ないリスト作っちゃダメだろ!」 ・マカオの女の人R.I.P.…。かわいそすぎる。いや彼女はボンドが死の危機を…

ジェームズ・ボンドは帰ってくる…誰と戦うために?

次が正念場かもしれない。 ハビエル・バルデム演じるシルヴァは、ボンドたちを翻弄する知能犯としては非常に厄介な敵だったけれども、倫理的には容易に「敵」と判断できる、わかりやすい男だったと思う。 Mが言うように、ジェームズ・ボンドが対峙する敵は…

あるアクション・アイコンの死

これはジュディ・デンチにとっての『グラン・トリノ』なのではないか。 1995年の『ゴールデンアイ』以降、二人のジェームズ・ボンドの活躍を支えた彼女、アクション映画のアイコンとしての彼女の幕引き。 ボンドを採用し、信頼し、ときに操りときに振り回さ…

個としてのスパイ

Mは言う、「敵はもはや国家でも組織でもない。得体のしれない個人だ」。 巨大で目に見える組織と異なり、個人で動く脅威は、ジェームズ・ボンドのような諜報員でしか対応できない、という論である。 いやいや現に今脅威になっているイスラム原理主義者は個…

なんだ傑作か『007/スカイフォール』

観賞が前提の文章です。ネタバレてんこもり。 なんかもう予想通りでつまんないくらいだったんですけどその予想というのは「きっと傑作にちげえねえ」という見通しだったわけでそこにきっちり沿ってくれているんだからもうほんとに傑作。えらいえらいぞサム・…