こづかい三万円の日々

30代の男がアニメ、映画、音楽などについて書いています。Twitter:@tegit

スペースシャトルの落日

スペースシャトルの落日~失われた24年間の真実~

スペースシャトルの落日~失われた24年間の真実~

 80年代後半〜90年代、スペースシャトルがもっとも輝いていた頃に少年時代を送っていた身としてはショッキングな一冊。でも結局、あのころのシャトルへの思いってのは、単なる憧れであって、真に宇宙を求める心から発したものではなかったんだろうなあ。

自分で考え、自分の手と足で目標を目指すなら、宇宙は決して遠くない。

 こういうことなのだ。