こづかい三万円の日々

30代の男がアニメ、映画、音楽などについて書いています。Twitter:@tegit

メイド喫茶しんしあに再度行ってきたよ

 先月につづいて、一日限定メイド喫茶「しんしあ」http://sincerehp.web.fc2.com/へ行ってきましたよ!

 今日は単独で帰宅。紅茶とレアチーズケーキをいただきました。
 メイドさんのたたずまいや飲食物のレベルは前回同様質の高いもの。定番にくわえて、毎回ちがうものが取り混ぜてあるメニューもたのしい。ほかのご主人様がぜんざい&抹茶系スイーツがおすすめされていて、和風なたべものもいいなあとおおもったことです。
 前回絶賛した、メイドさん同士の連携ぶりや雰囲気づくりは今回も健在で、メイドさん同士でカチューシャをつけてあげてたりとか、キッチンメイドさんのつまみぐい未遂をたしなめるメイドさんとか、脚本があるのかと疑ってしまうほどのイベント発生ぶりで、ながめているだけで心底たのしかった。
 静かな店内もいいけど、メイドさん同士の会話がはずんでいるのもまたいいんだよなー。もちろんそこに、帰宅したご主人様&お嬢様がたの声が加わってもたのしい。正直なところ、このイベントにはもっとたくさんの紳士淑女が駆けつけてとうぜんだと思っているのですが、でも混雑まではしていない、かつ友達ばかりが集まったものにもなっていない、いまの雰囲気もこれはこれでまことに貴重なものなのでしょう。
 彼女&彼らのおだやかな笑い声を聴きつつ、ぼくはひとり、最終回までにまとめるべく書いているプリキュアについての作文をひとしきり書いて過ごしました*1。毎日こういう場所でこういう仕事をして生きていたい..。

 で、来月(2月13日だそうです)の予定もしっかり聞いて退店したところ、お見送りいただいたメイドさんから「前回、ブログに書いていただいた方ですよね..?」という衝撃の発言が。「勉強になりました」とか言われてはげしく狼狽してしまいました。いや!ぜんぜん自分はそんな!恐縮です!というようなことを口走ってその場を後にしたのでした。動揺してその後エレベーターに乗ってもしばらく行き先階を押すのを忘れてしまう体たらくだったのですが、なんとか、しんしあというメイド喫茶があって本当にうれしいということはきちんと言えたのでよしとしたいところ。
 それにしても、自分たちについての評判も臆することなく読んでいらっしゃる中の人たちの態度にはほんとうに頭が下がります。いっぽうこちらはしんしあ以外のメイド喫茶に最近ぜんぜん出かけていないわけで、早いとこ札幌市内のメイド喫茶&バーをちゃんとおさらいしておかないとなあ。

*1:きもいね!