こづかい三万円の日々

30代の男がアニメ、映画、音楽などについて書いています。Twitter:@tegit

映画

「向こう側」へ行く/新海誠監督の話を聞いて『何者』を観たこと

今日は『言の葉の庭』を観て、新海誠の話を聞き、そして『何者』を観ました。これってけっこうすげーいい体験だったのでは?と思ったので、簡単に記事を書きます*1。 明日は川田十夢後輩と一緒に中央大学でトークショー。大学生気分を蘇らせるために映画『何…

ぼくは「ガルパンはいいぞ」と言わず「ガルパンはおもしろいよ!」と言う/『ガールズ&パンツァー 劇場版』二回目

立川シネマ・ツーで『ガールズ&パンツァー』(極上爆音上映)を観てきました。二ヶ月ぶり二度目。 隣のお客さんが初めて劇場版を観たらしく(上映前の会話をぼんやり聞いていた)、最初に砲撃の轟音が劇場内に響いて身体に伝わってきたとき「ふわあ……」みた…

世界はきみの夢/『ガラスの花と壊す世界』

ぼくのフィクションの分類棚には「長い夢みたいなやつ」という区分がある。 長く、濃密で、鮮明な夢。物事が断片的にしか語られない。時間も場所も跳ぶ。しかしそれらは継ぎ目なしに繋がっていて、一瞬一瞬の情報量は過密で、覚醒してしばらくはそれらがすべ…

ぼくは「ガルパンはいいぞ」とは言わない/『劇場版ガールズ&パンツァー』

ガールズ&パンツァー 劇場本予告 『劇場版ガールズ&パンツァー』を観てきました。 年末年始にテレビ版12話+OVAを観て予習を済ませ、立川シネマツーの極上爆音で鑑賞。 テレビシリーズは初回放送時に一話だけ観ていました。戦車道という大嘘を、空母上の学…

2015年の映画ベスト10

昨年は合計56回映画館で映画を観ました。うち9回は同じ映画の再見*1。また現時点で『スターウォーズ フォースの覚醒』『劇場版ガールズ&パンツァー』『クリード』と多くの人が年間ベストワンに選びそうなものを観ていない状況です。 母数をもっと増やすべき…

立川シネマ・ツー、ナメててすまんかった/『May'n THE MOVIE Phonic Nation 3D』

立川シネマ・ツーで11月14日・15日と限定再上映している『May'n THE MOVIE Phonic Nation 3D』を観てきました。公開時に観逃してたし、立川の音響なら楽しそうだなー、というくらい軽い気持ちで行ったんですけど、行ってよかった観てよかった。すばらしかっ…

「お前はわたしを殺しに来たのか」/『PAN』

ここ数日個人的にとても疲れているので、ほかの人にとってどうだかは知らないけれど、『PAN』がすさまじくこたえたので書いておく。 主人公ピーターが生きるのは第二次世界大戦中のロンドンである。ドイツ空軍の落とす爆弾が街を焼く時代。意地悪な大人たち…

Cadenzaが抱える最大の欠落について/『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』セカンドレビュー

みなさん、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』*1はご覧になりましたか。公開開始から二週も経っているのにぼくはまだ観れていません。先行上映で二回観たけどやっぱりちゃんとお金を払ったふつうの映画館で観たい――いや、先行上映会だってお金…

祝公開!『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』ファーストレビュー

映画/映像の歴史には、技術と題材が幸福な出会いをするタイミングがいくつもある。ここ最近でいえば、『ターミネーター2』や『ジュラシック・パーク』、『スパイダーマン』、『ロード・オブ・ザ・リング』といったあたりでしょうか。『蒼き鋼のアルペジオ…

物語に満たされて生きていくということ

昨日、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』シリーズの劇場版二作品一挙上映会に行ってきました。新作『Cadenza』を一般客が映画館で鑑賞できる初めての機会とあって、バルト9のスクリーンは当然満員。上映終了後には大きな拍手が響きました。 上映後に…

走れ、跳べ、理想を求めて/『ラブライブ!』と『マッドマックス』

『ラブライブ! Schol Idol Movie』をTOHOシネマズ日本橋で観てきました。六回目。*1 この一週間ほど、『マッドマックス4』と『ラブライブ!』の雑な比較に対して激怒し、並べて語るならまずはこのくらい考えておけよ、そして考えたらあんな雑なこと言えな…

『マッドマックス』と『ラブライブ!』を並べて語るならまずこのくらいは考えておけよというご提案

♪♪♪ <2015/08/02追記> 『ラブライブ!』と『マッドマックス』について、自分の思うところをまとめた文章を書きましたので、こちらも読んでいただけると嬉しいです。すごく。「走れ、跳べ、理想を求めて/『ラブライブ!』と『マッドマックス』」 http://d.…

楽しさの先の先/穂乃果中心に観る『ラブライブ! The School Idol Movie』

(穂乃果といえばこの曲かな、というわけで。) 三回目を観てきたので、三回目の記事を書きました。ネタバレしてます。 今回の映画、もちろんμ'sの映画ではあるんですけど、穂乃果の子供時代に始まり、エンディングロールの最後が穂乃果のTシャツで終わる以…

永遠に終わらないジャンプ/永遠に終わらない映画『ラブライブ! School Idol Movie』

前回(http://d.hatena.ne.jp/tegi/20150613)はネタバレなしで書いたので、今回はネタバレ全開、踏み込んで書きます。あと、イーサン・ホーク主演の某SF映画のネタバレも含んでいます。洋画好きも注意。 『ラブライブ! School Idol Movie』は、とても誠実…

いつだって飛べるよ『ラブライブ! School Idol Movie』

『ラブライブ! School Idol Movie』を観ました。 「こんな映画だったらいいなあ」と思っていた期待を、ぼくの想像しなかったやりかたですべて叶えてくれたという印象。 具体的なことを話すのはまだ早いタイミングなので、物語とアイドルと理想の話、みたい…

『ジョーカー・ゲーム』はなぜ明るいスパイ映画なのか

『ジョーカー・ゲーム』、期待どおりの楽しい映画でした。 「傑作」という言葉を使う映画ではないけれど、すごく「楽しい」スパイ映画。 入江悠監督がさまざまなインタビューで言及しているとおり、この映画の立ち位置を海外のスパイ映画に照らし合わせて言…

2014年のスパイフィクション十選

本ブログとは別に作っている「スパイフィクションリスト」では、「早川の『冒険・スパイ小説ハンドブック』のアップデート版」を目標に地味にその折々のスパイフィクション(小説、映画、ゲームなど)を少しずつ紹介しています。「リスト」と銘打ちつつも、…

この映画のことが大すき。『思い出のマーニー』

すばらしかったです。 プリシラ・アーンの主題歌を流す予告編を先日初めて観たとき、ちょっとびっくりしました。主人公・杏奈によるこんな独白があるのです。 この世には、見えない魔法の輪がある 輪には内側と外側があって、わたしは外側の人間 でもそんな…

『カクテル』

『ハスラー2』と同様、こちらも、凄腕の先達に若きトムが弟子入りするお話。1988年の『カクテル』です。監督はロジャー・ドナルドソン。 兵役を終え、ニューヨークにやってきたブライアン(トム・クルーズ)。金融業界での成功を夢見ていましたが就職活動が…

『ハスラー2』

で、そんな名作『ハスラー』の25年越しの続編が『ハスラー2』でした。監督はマーティン・スコセッシ!予告編も超クール! 前作のラストで勝負師としての命運を絶たれたエディは、酒の卸問屋として細々と食いつないでいました。初老の域にさしかかり、新たな…

番外編『ハスラー』

ま、そんな『トップガン』の退屈さも、同じ1986年に『ハスラー2』にも出てるんだから完全帳消しかもしれませんね。その『ハスラー2』の前作が、1961年の『ハスラー』であります。監督はロバート・ロッセン。 ぼくはいずれも未見だったので、まずは『ハスラ…

『トップガン』

1986年作品。同年の全米興行収入一位、日本での洋画興行収入一位だったそうです。でも退屈なもんは退屈だ! きっとこの退屈さが、今に続くトム・クルーズ&監督のトニー・スコットがナメられる一つの要因なんだろうなあ。 ぼく、テレビとDVDで何回か観て…

トム・クルーズレトロスペクティブ 第二回

トム・クルーズがサイエントロジーに関わり始めたのは1990年ごろのようでして、それを知ったうえで80年代の作品を観てると「この頃は無垢だったんだな…」という気分になって嫌ですね。 個人的には、サイエントロジーへの傾倒はバカだなあと思うけど宗…

『卒業白書』

1983年作品。トム・クルーズ初の主演作にして、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞にもノミネートした大出世作。 映画序盤で、親が旅行に出かけた家で開放感を満喫するトムが、白ブリーフ姿で踊り狂うシーンが有名とのこと。『マグノリア』でもブリーフ姿…

トム・クルーズレトロスペクティブ 第一回

トム・クルーズが好きだーー!!! と、日頃からトムクル様トムクル様と(時折半笑いで、時折据わった目で)崇め奉っているわけですが、恥ずかしながら未見の主演作も多いわたくし*1。ここ最近の、自身のキャリアを常に参照しながら自己言及的に演じることで…

今こそ読もうグレイディ!全邦訳長編レビュー

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』観ましたかみなさん。すばらしかったですね。 アメコミヒーロー映画としても当然ですが、スパイフィクションとしても大傑作なこの映画、スパイ者として注目するとなるとやはりまずは名優ロバート・レッドフ…

2013年の映画ベストテン

2013年、劇場で観た新作映画は55本でした。 DVDほかの旧作は16本。 例年以上に順不同としたい気持ちが強い、その日によっていくらでも入れ替わる順位です。 また、「俺が挙げずに誰がやる」という映画の多さも例年以上ですね。 10位『ライフ・オブ・パイ』 …

スティフラーは偉大なり『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会』

ぼくは家族の名を汚している。 スティフラーはわが名...わが遺産、わが呪い。 ――エリック・スティフラー 『アメパイ』は『スター・ウォーズ』にも比する壮大なサーガなのである! ――長谷川町蔵*1 1999年のシリーズ第一作『アメリカン・パイ』から十数年。高…

学園映画の傑作『クロニクル』

『アメリカン・パイパイパイ!』公開に向けてアメリカの学園映画のことを考えている時期に観たので、SFとしてよりも、学園映画としての美点がつよく印象に残りました。 もっとも「うまいなー」と思ったのは、主人公がカメラで撮影していると「キモいから止…

ぼくの父さんはどこ? 『オン・ザ・ロード』

映画はつぶやきのような歌ではじまる。放浪する我が身、そして旅先で出会った同じく放浪する死にかけの父親の歌。 物語の冒頭、主人公サルは父親の死に打ちのめされている。父が最後まで自分を認めていなかったことにも。 サルがとらわれる放浪の男ディーン…